ニキビ対策の正しい洗顔

ニキビの原因の1つに間違った洗顔方法が挙げられます。

一般的に、顔のニキビができないようにするには、顔を清潔に保つようにと言われます。
そのために、何度も顔をゴシゴシと洗顔する人がいますが、
間違った洗顔方法だと返って逆効果です。
私のいた会社でも休憩時間のたびに、洗面所で洗顔料を使って洗顔している人がいましたが、一向に治る気配がありませんでした。
本人からすると、治したいがために必死なことはわかりますが、正しい洗顔方法を身に付ければもっと早く治すことができるのです。

ニキビの原因は「皮脂」であるため、常にその皮脂をとろうと洗顔しがちですが、むしろ大切なのは肌の乾燥を防ぐことです。
洗顔をすればするほど、肌がつっぱり、乾燥しがちになります。
肌は乾燥すると、角質が厚く、固くなりますので、それによって毛穴がつまりやすくなってしまうのです。
また、皮脂を過剰に分泌するようにもなりますので、洗顔は1日1回で十分なのです。
洗顔料はなるべく保湿性の高いものを選びましょう。
洗う際は、ゴシゴシと強くせずに、洗顔料の泡で頬を撫でるように満遍なく洗うことが重要です。
ぜひ試しみて下さい。